仕立て上がり品 染名古屋帯  「ギリシャ馬車」

¥ 169,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

※左の大写真をクリック後、さらに拡大表示されます。

生地:駒々塩瀬
地色:濃紺
作者:腰原英吾
ハースト婦人画報社「美しいキモノ」2017年春号p.94掲載(モデル着用・現品)

古代ギリシャの馬車を描いた染名古屋帯です。
石造りの神殿も建造当初は鮮やかな色彩が施されていたといいます。
異国文化を遊び感覚で図柄に取り入れた手描き友禅の洒落帯です。

馬車を曳く三頭の馬も色を変え、シルエットの重なりによる面白みを演出しています。 神殿や馬具、馬車は金箔を押して仕上げました。

色彩豊かな表現でありながら奇抜ではなく、高級感のある印象に仕上がっています。

生地は通常の駒塩瀬よりもしっかりとした重目の高級駒々塩瀬を使用し、こっくりとした濃紺で染め上げました。

前柄には右手・左手どちらにも贅沢に柄を描いています。 関東巻き・関西巻き、どちらでもお締めいただけるよう配慮しています。 お太鼓の垂れ部分には柄はありません。締めやすい染帯です。

ご年代を問わずお締めいただける洒落帯です。夏以外、3シーズンお締めいただけます。紬、色無地、縞小紋など、帯の映えるコーディネートにお勧めです。

ハースト婦人画報社「美しいキモノ」2017年春号にモデル(本上まなみさん)着用で掲載された現品です。

仕立て:普通名古屋仕立て

現品寸法(標準寸法となります。)
◎お太鼓の中心から前柄の中心までの長さ・・・約2尺5寸8分(約97.7cm)
◎前柄の中心から手先の長さ・・・5尺5寸5分(約210.2cm)
◎お太鼓巾・・・8寸(30.3cm)
◎前巾・・・4寸2分(16cm)

市場での取り扱い参考上代価格:247,000前後(税込)

雑誌撮影時にてモデルさんが着用しているため、仕立て上がり商品となります。仕立て上がり品は一般市場に流通することはございません。工房直接販売限定のお買い得商品です。※価格はお仕立て代込みのお値段です。国内の帯専門和裁士による手縫い仕立てです。


※手描きの着物や帯は高価な商品となります。実物と写真では色に多少の誤差がある場合もございます。ご購入をご検討の際にはご確認のお問い合せをお勧めいたします。現品のご確認や寸法変更についてもご相談承ります。

決済方法は下記の中からお選びいただけます。

◎クレジットカード(VISA、Master)
◎銀行振込
◎コンビニ・Pay-easy決済

お問い合せ先
腰原きもの工房
〒198-0064 東京都青梅市柚木町2-389-1
Tel.0428-76-2836
mail@koshihara-kimono.com
ページ上の Contact からもお問合せが可能です。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

腰原きもの工房は都心や青梅工房にて工房主催の展示会を開催します。
どなたでもお気軽にお越しいただける展示会です。

展示会のご案内状をご希望の方は下記URLのご案内状お申込みフォームをご利用くださいませ。お電話(042876-2836)でのお申込みも承ります。
https://ws.formzu.net/fgen/S45581514

※お客様の個人情報は腰原きもの工房にて大切に管理し、他の小売店や業者さんには一切譲渡いたしません。どうぞご安心くださいませ。

展示会の詳細は下記URLをご覧ください
http://koshihara-kimono.com/exhibition-home.html